新卒・第二新卒の方

TOP > 内定者体験談 > とある就活生の、内定までの3ヶ月

内定者体験談

すべて実話で、すべてが正解です。

とある就活生の、内定までの3ヶ月

情報工学部 新卒Tさん
闇雲に職種だけに拘って受けるのではなく、
自分の将来をリアルにイメージしたらスッと前に進みました

出会い〜初回面談

就職エージェント九州とは、大学内で行われたのキャリアセミナーに参加して出会いました。
無料で学生の就職活動をサポートしているって聞いて、正直その時はピンと来なかったのですが
その後も学内でキャリアセンターと合同でされてる面接対策セミナーなどで段々と自分の就活状況や、将来の希望など相談する機会が増えてきてサポートしてもらうって楽だなって思いました。

セミナーでちょこちょこ会いながら、研究室でも相談に乗ってもらったりしていたので「THE 面談」という思い出はあまりありません。
でも、自分のことはよくわかって貰えてたので大学内でおススメの求人票を貰ったり電話やメールで自分の目指している業界や職種の説明会情報を貰ったりしていました。

1ヶ月後

おススメの求人を教えてもらってはいたのですが、なかなか授業や研究が忙しくて実際に説明会に参加する機会にめぐり合えずいつの間にか月日がたっていました。
「もう、あの求人終わっちゃってるだろうなー・・・」って思っていたら学内でバッタリ出会ったときに就職エージェント九州の人から
「興味持ってたあの求人、まだ募集しているか聞いてみようか?」と声をかけてもらって、応募することができました。

2ヵ月〜3ヶ月後

僕の就職活動といえば、1次や2次の面接はクリアできるのに、いつも最終選考で不合格になっていました。

紹介してもらった企業に応募するときに、それも就職エージェントの人に相談をしたら
研究ばかりで、1社ずつくらいしか選考を進められなかったのもあって
業界研究や、職種の細かな違いなどの知識が不十分なのかもしれないとアドバイスをくれたのです。

急いで知識をつけるために、就職エージェント九州で行われている業界別にリアルな事情を教えてくれるセミナーや
研究で来れない時は、僕の都合に合わせて講師の方が個人授業をしてくれたりしました。
(それが面談というものなのかもしれません・・・)

特に収穫だったのは、一言でSEと言っても、受託案件で社内開発メインの企業と現場常駐での開発の企業の違いや
1つのシステム開発にいくつもの行程があってそれぞれの詳しい役割など
リアルな開発現場の話を新くことができて、実際に自分が働くイメージを持つことができました。

と、同時に自分がなりたいエンジニア像ややりたい開発が見えてきて
今まで闇雲に企業選びをしていたことに気づきました。

そこからは応募する企業選びがスムーズに進み
最終面接での感触も実感でき、内定がもらえるようになりました。

最終的には自分で受けていた公募の企業も含めて5社の内定がもらえて
1社1社開発内容やエンジニアとしてどう成長できるかを比較しながら
一番自分にとって良い企業を選ぶことができました。

担当アドバイザーより

T君は、本当に研究が忙しそうで、大変そうでした(笑)
でも、芯が強く理解力もある学生さんだったので、ほんの少し背中を押すだけですぐに壁を乗り越えて成果を出してくれました。

業界のリアルも知った上で、自分のなりたいエンジニア像をしっかりと持てたので
入社後に壁にぶつかることがあっても、「なりたいエンジニア像」つまり目標に向かって一歩一歩頑張れると思います。
応援しています!!

就職エージェント九州