ホーム > 就職ノウハウメニュー


就職ノウハウメニュー

〜就職支援のプロが教える就職活動のポイント〜


◆自己分析
自己分析は就職活動生にとって最も重要なことですが、多くの方が「難しい」と感じていることでもあります。一部の就職活動マニュアルでは「自己分析不要」ということも言われていますが、決してそうではありません。自己分析は就職活動生の唯一の武器です。就職活動の早期に終わらせておく事が大切です。

一般的に自己分析を始める時には「リーダーシップ力」や「主体性」があるかなど、「能力」の有無を自分の経験に照らし合わせて考えます。しかし、自分の経験で上記のような能力が発揮された経験がない場合は、そこで自己分析が止まってしまいます。

自己分析は、まず「自分の経験」を書き出した後に、能力との紐付けを行うことが大切です。どんな経験でも良いので最低20個は書出してみましょう。その後に、「その経験はどんな能力を発揮したのか?」を考えながら能力との紐付けを行うと自分の中にある様々な能力に気付くことができます。

能力については経済産業省が発表している社会人として活躍する為の能力一覧「社会人基礎力」を参考にされると良いでしょう。

⇒社会人基礎力へのリンクはこちらから

◆企業研究
「行きたい企業が分からない」「自分に合っている企業が分からない」という悩みはほとんどの就職活動生が持っている悩みです。企業研究では「給与」「福利厚生」「将来性」などの項目を検討して企業を選ぶことも大切ですが、「自分に合う企業」を探す為には2つのマッチングが必要になります。

1つ目は、「企業が求める人材の能力」と「自分の能力」とのマッチング。2つ目は「企業の持っている価値観」と「自分の価値観」のマッチングです。

1つ目は、「企業がどのような人材を求めているのか」ということに関連しますが、企業は営利団体である以上「会社に貢献できる能力をもっている人材」を求めています。当然、企業によって求める人材が異なるので、企業ごとに会社に貢献できる能力も異なります。目指す企業で発揮できる能力を自分が持っていなければ、入社した会社で非常に苦労する事になるので、まずは、能力のマッチングを意識することが大切です。

2つ目は、「会社の価値観と自分の価値観」のマッチングになります。就職後は、自分の人生設計は仕事を通して実現するようになります。「自分に合わない会社」というのは「会社と自分の価値観のミスマッチ」と言い換えることができます。企業研究の時には、社長の言葉や、企業理念を十分に調べ会社の価値観を知る努力をしましょう。また、会社説明会の時には直接人事部の方と会うことができるので「会社の価値観」について積極的に質問を行うと効果的です。

◆エントリーシート(ES)
企業が設問を任意で設定している企業ごとの自己紹介シートです。設問の項目は「自己PR」や「志望動機」など履歴書と似ていますが、文字数も企業が設定できる為、最近は大手企業を中心に文字数が多くなっている傾向があります(1つの項目に400文字〜600文字程度)。多くの就職活動生がぶつかる最初の壁がエントリシートですが、エントリシートの出来が、その後の選考に影響するので非常に大切です。

設問の項目は多岐に渡るので、事前の自己分析が不十分だと、エントリーシートを作成することが出来ないので、自己分析を事前に終わらせている事が大切です。

◆自己PR
「自己PRが書けない」という就職活動生は多いと思います。「自分の強み」を書いている人がほとんどだと思いますが、作成にはちょっとしたコツがあります。
1つ目のコツは、「自分の強みの理由」をしっかり書いておくこと。「自分の強み」を身に付けた「経験」がしっかり記入していなければ、人事は、「その強みが本当に身についているか」を判断することができません。
2つ目のコツは、「会社の求めている能力」と「自分の持っている能力」がマッチングしていることを記入しておくことです。その為には企業研究の際に企業ごとの「採用要件(企業に貢献できる人の要件)の仮説」を事前に明確にしておくことが必要になります。

選考に通る自己PRを作成する為には、事前の「自己分析」と「企業研究」が必要不可欠です。

◆志望動機
志望動機は「志望する理由を明確に相手に伝える」事が大切です。落ちる志望動機で多いのは「会社の社風に惹かれて」や「御社の商品が好きで」というような表面的な志望動機です。
人事部が見ているのは「志望強度」です。どれだけ強い思いで会社を志望しているか?という部分を見ています。

その為には、企業の表面的な部分よりも、「会社の価値観」と「自分の価値観」がマッチングしていることを伝えることが重要です。たまに、志望動機の使いまわしをしている方がいますが、止めておいたが良いでしょう。

もしかすると一生その会社で働くご縁になるかもしれません。一社一社真剣に考え、想いを伝えるようにしましょう。

前インはコチ・・/a>

ページトップへ